オメガ3系脂肪酸を効率的に摂取!クリルオイルの効果と含有成分

クリルオイルという「健康長寿」に効果があると言われている、天然の油脂素材が注目されています。

オメガ3脂肪酸やリン酸、アスタキサンチンなどが含まれている天然の油脂で、人体への吸収性がとても高いということが分かっています。現在は、サプリメントで普及しているので、多くの人が手軽に摂取できるようになっています。

そんなクリルオイルの、効果、含有成分について解説したいと思います。

クリルオイルの含有成分

オメガ3脂肪酸

不飽和脂肪酸の一種、オメガ3脂肪酸がふくまれています。青魚や海で生活する動物に多く含まれる脂肪です。

体内で合成することができないので、外部から積極的に摂取するのが理想です。クリルオイルには、2種類のオメガ3脂肪酸が含まれています。それは、DHAとEPAです。

DHA

青魚に含まれるオメガ3脂肪酸の一種で、脳機能をアップさせる効果があります。中性脂肪へを減らす作用もあるということで、近年注目されている成分です。

EPA

こちらもオメガ3脂肪酸の一種で、青魚に多く含まれています。血行を促進させて、動脈硬化を予防する効果があります。抗アレルギー作用などもあるので、とても万能な脂肪酸です。

リン脂質

グリセリンに脂肪酸とリン酸が結合した、リン脂質が含まれています。クリルオイルに含まれるDHAやEPAは、このリン脂質と結合しています。油なのに、水と混ざることができるのはリン脂質のおかげです。これにより、体内の吸収率がアップしています。

アスタキサンチン

エビやカニなどの甲殻類、サケの身、タコの表皮などに含まれている成分です。とても強い抗酸化作用があるので、美容や健康への効果が期待できます。詳しくは、アスタキサンチンの効果と摂取方法についてもご覧下さい。

クリルオイルは、リン脂質のお陰で吸収率が良く、アスタキサンチンを含むので酸化にも強いです。これらを自然なかたちで含有し、DHAやEPAを安全に摂取できるのがクリルオイルの魅力です。

妊活中はもちろん、妊娠しても授乳中でも、クリルオイルなら安全にDHAとEPAを補うことができます。魚由来のサプリだと、どうしても海洋汚染の影響があるので、その心配が要らないのは嬉しいですね。

クリルオイルの効果

脂質異常症の改善

悪玉コレステロール、中性脂肪の数値を下げる作用があります。中性脂肪やコレステロールが多いと高血圧や、糖尿病などに陥る可能性が高くなりますので、脂質異常を予防改善するのは、とても大切です。

肝機能の改善

アルコールが肝臓に及ぼす影響を、クリルオイルが抑制してくれることが分かっています。肝臓の機能を改善してくれる効果が期待できます。

脳を活性化

DHAには、脳の活性化に効果がありますので、記憶力、学習能力を向上させることができます。

血液サラサラ

DHAやEPAの効果で、血小板の凝集を抑制し、血管を柔らかくして血行を促進することができるので、血液がサラサラになります。

関節リュウマチの抑制

関節リュウマチの症状が、緩和されるという報告があります。これは、クリルオイルに含まれる、オメガ3脂肪酸の効果だと考えられています。

月経前症候群(PMS)の改善

女性特有の、生理前になると具合が悪くなる症状、月経前症候群(PMS)の症状を緩和する効果があると言われています。

精神疾患の改善効果

DHAやEPAを摂取すると、精神的な疾患を改善、緩和することができると考えられています。

クリルオイルの摂取方法

クリルオイルは、サプリメントで摂取するしかありません!ですから、サプリメントを購入して、毎日飲んでいただければと思います。

クリルオイル摂取の注意点

甲殻類アレルギー

甲殻類アレルギーがある人は、クリルオイルを摂取してアレルギー反応がでてしまう可能性がありますので、注意をしてください。すべての人がアレルギー反応を起こすわけではないのですが、甲殻類アレルギーの人は医師に相談をするといいでしょう。

血液が固まりにくくなる

それから、EPAには血液を固まりにくくする作用がありますので、大量に摂取すると血液が固まりにくくなってしまいます。「抗凝血効果」が出てしまいますので、血が止まりにくいなどの症状が現れる可能性がありますので、注意をしてください。

もしも、血液凝固障がいがある人や、抗凝血剤を使っている人がいれば、クリルオイルを摂取する前に、医師に必ず相談するようにしましょう。