有機栽培の意味とJAS法の定義

img02

有機栽培という言葉をよく耳にしますが、体に良いものという印象があるかと思います。しかし詳しく有機栽培について説明をしてみろと言われたら、あなたは説明ができますか?実は言葉を知っていても、有機栽培の意味を知らない人というのは結構たくさんいるのです。

そこで、有機栽培というのは一体なんなのか?という素朴な疑問についてお答えしていきたいと思います。知ったふりをしていたあなたも、是非ここで有機栽培について覚えていってください!

JAS法で認められる栽培

有機栽培というのは、「農林物資の企画及び品質表示の適正化に関する法律」といういわゆるJAS法で決められた条件を得たものに、使用が許可される表示です。

有機栽培で作られたものは、有機農産物・有機野菜などと表示して店頭に並べられます。これはJAS法で有機JASマークを付ける事が認められた野菜だけにしか、名乗れないものとなっています。

JAS法の定義とは

有機栽培として認められるには「農薬や化学肥料は原則使用しない」という条件があります。そして種を蒔いた時や植え付けをした時期から遡って2年以上の間で、禁止農薬や化学肥料を使っていない畑であることという条件があります。

さらに有機栽培をしている人は生産して出荷するまでの間に「生産工程管理・格付数量を記録している」という条件もあります。このような条件をクリアした栽培だけが、有機栽培と言えるのです。

有機栽培を見分ける方法

本当に有機栽培で作られた野菜なのか不安だという人は、有機JASマークがついているかどうかを確認しましょう。

有機JASマークは上記に記載した条件をクリアして、認められたものしかつけてはいけないものなので、有機JASマークが無ければ有機野菜ではないという事が分かります。

1回の審査だけでいいの?

有機栽培と認められても、1年に1回は認定農家を調査して有機栽培の条件をクリアしているかどうかをチェックしていきます。ですから、1回クリアしたからと言って、一生有機野菜と名乗る事は出来ません。