基礎体温の測り方と正常・異常なグラフの違い

基礎体温を測って毎日グラフに体温を記入していく事で、女性の生理周期を把握する事ができます。基礎体温は朝起きたときに、体を動かさないようにして静かにしたまま計測するのが基本です。この時の体温をグラフにまとめていく事で、自分の生理周期を知る事ができます。

基礎体温でわかる生理周期

低温期

基本的に14日前後続くのが低温期です。この時期は卵巣の中にある卵胞というものが成熟していく期間となります。

排卵期

低温期の最後になると卵胞が成熟して卵子が卵巣から飛び出していきます。この時期を排卵期といい排卵が終わった時に一気に体温が上がると言う状態に変化していきます。

高温期

排卵が終わった後に一気に体温が上がる時を高温期といいます。卵子が飛び出していき、卵胞は黄体という細胞になってしまいます。そして黄体が妊娠をする為に着床をする環境を整えていくのが高温期となっています。

もしも妊娠をする気配が無いという事になれば、また低温期がやってきて排卵期がきて高温期がくるというサイクルが始まります。

基礎体温の測り方

婦人用体温計を購入して、0.00まで計測できるようにしておきます。朝起きたときには出来るだけ動かないようにして、布団から起き上がる事のない状態で、寝転がったままで体温を計測していきます。

基礎体温は0.00という細かい部分の数値が重要になりますので、微妙な動きで体温が変化してしまうと正しい基礎体温が計測できませんので注意しましょう。

こんなグラフはおかしい

基礎体温をグラフにしていくと正常な場合であれば、低温期と高温期の2つの波が出来てくるので、2層に分かれている事が見てわかります。しかし基礎体温のグラフが2層ではなく凸凹している状態が続くというものや、波が激しく上下していると言うものは何かしらの婦人病が隠れている可能性があります。

他にも、グラフにほとんど波がない場合や高温期が長い場合、低温期が長い場合など様々なパターンがありますので、正常な2層のグラフになっていない場合には婦人科を受診してみましょう。